度ありカラコンを選ぶ際の正しいレンズデータの見方

いつも使っているコンタクトレンズから、たまには度ありカラコンを使ってみようかと思ってる方は、まずデザインや色等も大切ですが、度ありですから、しっかりとレンズデータの見方を理解しておく必要があります。

最初に、レンズのデータを調べる際にDIAという言葉を見ると思います。

これは、レンズの直径をさしている言葉です。
その直径の数字がレンズの直径となるのです。

また、人によってはデカ目を目指して、ぜひ度ありカラコンを着用してみたいという方もいると思います。
その場合は、どこを見て判断するかは、まず着色直径をチェックしてみてください。

着色直径というのは、レンズのカラー部分のことです。

この着色直径が長いものがあれば、それがデカ目効果のでるレンズであることです。さらに、ベースカーブと呼ばれる数字も記されていますが、人の目の曲線についてで、多くの人が8.6mmですが、中にはこれと違う曲線の人もいます。

もし、8.6mmではない曲線の場合は、その度ありカラコンを目に入れたときに違和感があります。

おそらく痛みがあるかもしれません。

また、含水率という言葉の見方は、その数字が高くなるほど目から出る涙が吸収されてしまう力が高いということになります。

つまり、目が乾きやすい人、ドライアイの場合はこの含水率に注意しながら選ぶとよいでしょう。

これらの基本的な数字の見方を知っているのと、知らないのとでは、度ありカラコンを選ぶ際のポイントも変わってきます。

知っていると、より安全ではないでしょうか!?

いくらファッション性が高くても、安全性をよく重要視して選ぶことが大切ですね(^^

ranking

 

▲ページトップに戻る